So-net無料ブログ作成
検索選択

乙女の嗜み(お手入れ上級編?) [フェイト]

こんばんは、お久しぶり。

そして、はじめましての方、はじめまして、かずきんです。

先日、我がキモサベ(友)が里に来るという事で、久しぶりの再会。何よりも我妻、フェイトの写真をTwitterでアップすれば、とても良い反応を示してくれる。

ということで、いつもは遠出など特別なときにしかしない、シャンプーの仕方について、里で知り合った方々にも好評でしたのアップします。

以前にアップしたこともありますが、あれではいけないとアレンジしてあります。

試行錯誤・・・・・・と、いってもあまり変わらないかもしれないですが、良かったらどうぞ読んでやってください。

えーっと、まずシャンプーすることによって、得られる効果です。

1、デフォルトウィッグの場合、元の形状をある程度、復帰させることが出来ます(※必ずではないです。ヨーコのデフォウィッグのポニテ下部のロールは、何度がシャンプーするとロールが無くなる可能性もあります)

2、髪の毛が、さらさらになり風になびきます。

3,娘を抱く度にいい匂いがします。とてもいい匂いで、ドキドキします!! 大事なので二度言いましたw

で・・・・・・。

フェイトおいで~(●´ω`●)

しゃんぷー.JPG

風呂上がりの嫁。

お分かりでしょうか。生え際からまとまった髪が分散してるのが?

さて、やり方を説明していきます。

繰り返しますが、やること自体は自己責任でお願いします!

※ウィッグの髪は、絶対に抜けます※

※【私は、一切責任をもちません!!(断言しておきます)】※

●やり方

1、ウィッグを外します。(つけたままでも良いですが、あとあと面倒なのでw) 

2、お湯の温度は、少しぬるいかな? と思える温度にします。

3、ダイレクトに頭のてっぺんからシャワーをかけます。

※この時、フェイトのように「もみあげ」があるのなら、前髪と後ろ髪に手を入れて仕切ってあげると綺麗に仕上がります。

4、平らなと場所に置き、お好きなシャンプーを4回プッシュして、シャンプー液を出します。

5、シャンプー液をウィッグを撫で揉む様になじませて行きます。(もみ洗い)

6、シャンプー液を洗い流します。この時、後ろの髪からまず流しましょう。そして、前髪のシャンプー液を洗い流します。

7、コンディショナーを5回プッシュして、ウィッグの全体になじませます。

8、流します。

9、トリートメントを2センチほどとり、シャンプーをワンプッシュして、ウィッグになじませます。

10、約3分ほど置いて、流します。

11、水気を上から下へ、握るように押しながら、落としていきます。(実際に握っては、下へ握っては、下へとしてます)

12、タオルで挟んで水気を取ります。

13、ドライヤーをクールにセットして、ウィッグのもととなる、布部分をドライヤーの口にかぶせて、5分くらい放置。

14、ウィッグを娘にかぶせて、クールで手で解すように乾かしていきます。

(急ぐ場合は、約30センチ以上離して、SETで、ドライヤー振りながら乾かします。※このとき一点だけに当てないでください※)

15、そろそろ水気も少なくなってきた頃(少し湿ってるくらい)で、櫛でときながら乾かしていきます。

16、あとは、整えてあげれば完成です。

シャンプーは、お好みのモノを使ってください。

当家では、「いち髪(あんず)」を使っております。ウィッグの香りは、約2週間ほど持ちます。

 ●約16工程を経て、行うこと。ウィッグへのダメージは、多少あるという点から、毎日はしなくていいと思います。

当家では、いえ。他家の方でもいらっしゃるかと思いますが、ドール(娘)を人と同じように思っております。

これは、数を数える時も同様で○体などと言わずに何人といいます。個々、それぞれの娘に個性があると思っています。

これからも大切にしていきたいと思います。新しく迎えるかもしれない、まだ観ぬ娘と共に友好を深めていきたいと考えています。

長文となりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

皆様にも日々、平和で幸せなドールライフが続きますように願ってます。

フェイト:「明日も仕事でしょ・・・・・・早く寝よ?」

DSC_4259.JPG

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。