So-net無料ブログ作成
検索選択

きゃずき身体を張って、挑むのまきっ~ききっ! [お出かけ]

フェイト:「こんにちは~。カズキさんは、やっぱりぶっ倒れてるので今回も? 私がお伝えしますね」

今回の構成、プロデューサー兼、演出:Mr.凍瑠 シナリオ・撮影:KAZUKI

タイトル「ザ・男のサバイバー ~戦場よりアイをを込めて~!」

この物語は、KAZUKIの勝手な脳内変換にもとずくものですw

この記事は、ある一匹の猿の勇姿を讃えた物語である。

きゃずき:「ついにおいら、この天使の里に来ることができたぎゃ~」

???:「あら、可愛いお猿さんね」

きゃずきが振り返ると、そこには絶世の美女が立っていた。

きゃずきは、一瞬で心を奪われ、アプローチを実行した。

きゃずき:「その・・・よかったら、抱っこしてもらえないか?」

その美女は、頷くと

110514-162127.jpg

きゃずき『やべぇ、胸がやわらけ~! マジかよ~』

と思いながら、偶然を装って様々な行動をとる。

きゃずき :「君を生・・・・・・名前を教えて欲しいだぎゃ」

???:「ささらと申します」

きゃずき:「いい名前だぎゃ」

きゃずき:『ほんとうにマジ柔らけーな-! これは亀仙人のじっちゃんも、昇天だぎゃ、そうだ!』

ささら:「あら、お猿さんもういいの」

きゃずき:「いや、まだだぎゃ」

そして、きゃずきは持ち前の俊敏さで、ささらの後ろへ回り込んだ。

 

 110514-162315.jpg

ささら:「えっ!?」

110514-162554.jpg

きゃずき:「いざ、男の理想郷へ!」

110514-162329.jpg 110514-162300.jpg

ささら:「ちょ、ちょっと!」

きゃずき:「マジかよ~! こんな大人しそうな可愛い子が、こんな大胆な下着を・・・・・・あ、あひぃ~」

ささら:「いい加減にしろよ! クソ猿!?」

110514-161554.jpg

きゃずき:「・・・・・・堪忍や~、もう少し中におらせて~な~」

バキッ! ドカッ! ドゴッ!

110514-161802.jpg

きゃずき:「ぐはっ・・・・・・ど、こにそんなモノを・・・・・・」

ささら:「きっちりと罪を償ってもらうから、覚悟しーや-!」

110514-162919.jpg

きゃずき:「え? えっ!? 嘘やろ、ささらちゃん?」

ささら:「せーのっ!!」

きゃずき:「あひぃ~~!!」

ドギャーン!

 110514-163136.jpg

キラーン!☆

その後・・・・・・・

110514-163651.jpg

ささら:「ちょっと! 高さが足りてない。もっと踏ん張れ、まだあんたの罪は、許されてないんだから」

きゃずき:「ご、ごめんなさいだぎゃ~」

ささら:「コラッ! 猿の分際で人間の言葉しゃべるな!?」

110514-163713.jpg

ゲシッ!

きゃずき:「うっ、ウキーーー!」

こうした、ささらの調教のおかげで、彼が露骨にエロを行う回数が減っていった。

終わりw


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

是能彦

はっはっは!
あの時の写真がこうなりましたか(笑
まあお猿が色々やってた(やられてた?)のは知ってますが。

霊夢さん、現在マッパで可塑剤抜き中ですwww
うっすらと浮いた腰骨が素敵。
by 是能彦 (2011-06-02 06:11) 

kazuki

まあ、こんな感じになりましたw
しかし、このストーリーでよかったのかと疑問もw

よかったですねw
大切にしてあげてください。
by kazuki (2011-06-04 00:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。